あれも食べたい、これも食べたい!EX フードアナリストのじゃんぼなおかんです。食い意地こそが私の原動力。食べ物のお話、旅のお話、日々のあれこれを綴ります。御連絡はこちらにお願いいたします。   jumbo0317@yahoo.co.jp

男たちの魂がぶつかり合う盤上の格闘技!:「3月のライオン」前編試写会に行ったよ!

f0054556_23230699.jpg




2月22日の夜、
東京国際フォーラムで行われた
映画「三月のライオン」完成披露試写会に行ってまいりました。



f0054556_23230718.jpg




東京国際フォーラムのロビーには記念撮影用のボードがあり、女の子たちが大勢並んでいました。
(お写真は撮影する人の入れ替わりのわずかな時間にパチリ)


f0054556_23230841.jpg



この日は出演者と監督の舞台挨拶があるという事で、楽しみにしておりましたが、
お席は当日引き換えるまでわからないので、しっかり双眼鏡持って行ったよ~。
だって、トヨエツ様がいらっしゃるのですから!

なーんて、ミーハーな事言ってますが、
実は原作漫画の大ファン。
そして同じく漫画ファンの娘を連れて行ってあげました。

舞台挨拶にお見えになったのは
もちろん主演の
神木隆之介クン
川本三姉妹
倉科カナさん
清原果耶ちゃん
新津ちせちゃん
おじいちゃんの
前田吟さん

最後まで誰がやるのか伏せてて、見て( ゚Д゚)なのが
二階堂晴信役
染谷将太くん

島田さんはこの人以外に無い!と思っていた
佐々木蔵之介さん
幸田香子は
有村架純ちゃん

スミスは、私、今、超注目してる俳優さん
中村倫也さん(テレビの闇金ウシジマくんやアオイホノオがとても良かったの!)
山崎順慶役、こちらも再現度が高くて笑える位、
奥野瑛太さん

そして、何をやってもカッコいい
幸田のお父さん役
豊川悦司さま

で、監督の大友啓史さん

今人気急上昇の高橋一生さんや、加瀬亮くん、伊藤英明さんはお忙しいのかお見えになりませんでした…

皆さまのご紹介の後は、なんと、神木君がトークコーナーを仕切っていらして、
お客さんの女の子たち大喜び!

その辺は芸能ニュースをみたらたくさん出てくるので割愛しますが、
何といってもトヨエツ。

役柄は棋士としてすでにピークを過ぎてしまった感が漂うお父さん役なので、老けた感じでございましたが、実物は登壇者の中でも一番の高身長+お顔(頭)が小さくて、メンズモデルのような美しさ。
二階席の遠くから、肉眼で双眼鏡で。
どちらで見ても素敵だった~。
ご尊顔がはっきりみえるよう、眼鏡をはずしていただきたかったわぁ。


さて、肝心の映画ですが

f0054556_12153969.jpg



映画「三月のライオン

観終わっての感想。

キャスティングがぴったり過ぎて、大好きな漫画が動いてしゃべってるという感動の嵐ですよ。
俳優さんだけでなく、風景もすごい。
室内の様子も、スタジオではなくロケだったそうで。
実にリアルです。
漫画の映画化は、もうホントにがっかりすることが多いようですが、
三月のライオン、ビジュアル的にはバッチリでした。
あとは、あのストーリーがどうまとめられたのか?
心に残るセリフの数々がどう生かされたのか?
そこが心配でしたが、私が原作で大好きな二階堂晴信くんの名セリフの数々を見て聞くことができて感激。思わず涙がでてしまいました。(原作読んだときは号泣でしたがー)
原作ファンはそれぞれに思い入れのあるセリフやシーンがあると思いますので、
映画で確認するとよいと思います。






この先、ネタバレありです。





女子ども向けの映画と思ったら大間違い!
男と男のヒリヒリする勝負の世界、盤上の格闘技に、
見てる方まで奥歯をギリギリ食いしばってしまうわ!

あらすじなどは、公式サイトを見ていただくとして、
あの長い原作をいくら前編、後編に分けたと言っても二時間ちょいの映画にまとまるんかいな?
と、思っていたのですが、まとめてきました。

前編は、桐山零が、なぜ将棋の世界で戦うのか?
それしかなかったから…
という桐山零自身が、迷いもがきながら生きている姿と、周りの人々のお話で、
原作にあるような、川本家のほっとするお話は、
少ないなと思いました。
でも、ももちゃんがかわいくてかわいくて~~~~。

その分、将棋の勝負の場面では、(実は)ルールをあまり知らない私でも、手に汗握る展開です。
特に見どころは、島田さんと後藤の勝負!
見ている方も、胃が痛くなったり、大福食べたくなったり、大忙し。
会場は一砂の一言に爆笑でした。

映画そのものについての感想は、正直後編を見てみないと何とも言えないです。
後編の予告編を見ましたが、
桐山零の周りのどんどん変化していく様子が描かれていてー。
まだ原作は最終回になっていないのに、映画ではひとつの結論が出るようで…。
どうなるのか!?

前編では、桐山零が、なぜ将棋を指すのか?将棋しかないのだーともがいている姿が印象的でしたが、
多分後編では、
桐山零が、何のために将棋を指すのか?そこに覚醒していく様を見ることができるのかな?と思います。

後編も必ず映画館で観ようと思います。




そうそう、二階堂晴信のモデルといわれる
村山聖さんをモデルにした松山ケンイチさん主演の「聖(さとし)の青春」も観たくなりました。
4月1日からレンタル開始だそうです。
by jumbo0317 | 2017-02-24 14:17 | 映画・TV | Comments(0)