一味違うけど、奇をてらわない美味しい新和食の素敵なお店。大人のデートに使いたいね。「飯田橋 喝采」

f0054556_10525253.jpg
先週の事です。
神楽坂~飯田橋界隈に用事がありましたので、
夫と待ち合わせして晩御飯を食べて帰ることにしました。

そうと決まったら、お店選び。
私は飯田橋~神楽坂の賑やかな方は、何度か飲み会お食事会で行った事があるけれど、
そっちじゃない方にひっそりと(笑)
ちょっといいお店が出来てますよという夫の会社の営業の方情報を入手。

いつもは居酒屋さんだけど、久しぶりにそのちょっといいお店、行っちゃいましたよ。


喝采と言えば、(コロッケさんではない)ちあきなおみさんのあの歌が真っ先に頭に浮かぶ昭和婦人のワタクシです。


飯田橋駅A1出口を出て、川沿いのビルがずっと続く道を歩いていくと、


f0054556_10323655.jpg
とあるビルの1階というか中2階にお店がありました。

f0054556_12121767.jpg
ビルの外観からは想像つかない、ステキなお店ですよ。
割烹系のお店ってカウンターがあって、こじんまりとまとまっててそれが居心地よいってイメージですが、
こちらは、逆に天井が高いのがスカッとして気持ち良いわ。
一味違う和食をいただけそうと期待が大きくなりました。

この日はディナーコース7000円を予約していました。
が、この日のオススメメニューを見ますと…

f0054556_12190559.jpg
ちょっと~。
いろいろと美味しそうなものがありますわ。
こういうの一つ二つ頼んで、カウンターでちょっと軽く一杯飲むっていうのも、大人っぽくていいね。

さて、
f0054556_12235991.jpg
ビールとともにいただきますのが、
・先付 甘鯛と酢橘のお椀
    チーズの最中

甘鯛と酢橘のお椀がねぇ。
美味しくないわけないじゃないの!
丼鉢で持ってきてもらいたかったわ。


f0054556_12264046.jpg
このチーズの最中がこちら「喝采」さんのスペシャリテの一つの様ですが、
とっても面白くて美味しいの!

中の餡は、いぶりがっこ、クリームチーズ、りんごジャムにトリュフオイルを少し垂らしてあるそうです。

ビールより、お酒やワインを飲みたくなります。



f0054556_12364285.jpg

・冷菜 いくらとトマトの土佐酢ジュレがけ

少し涼しくなったとはいえ、まだまだ日中は暑いので、こういうさわやかな冷菜からスタートするのはいいですね。
イクラも今年のものかしら?秋鮭が美味しい季節になりましたね。

お次は御刺身です。

f0054556_12440427.jpg
・お造り ぶりとろ、縞鯵、金目鯛 
     わさび 梅昆布 昆布塩

f0054556_12455038.jpg
鰤のとろが素晴らしく脂がのっていたので、昆布塩のみでいただきました。
脂の旨味がとろけましたね。

ここで、日本酒いっちゃいます。

接客してくださった店長さんは、利き酒師の資格もお持ちの方です。



f0054556_10335065.jpg
こちらの日本酒メニューから、

f0054556_10341804.jpg
ワイングラスで楽しむ日本酒
福井の 「越前旬純米大吟醸 梵 艶」1000円と、
本日のおすすめメニューから、
福岡県 みいの寿 ひやおろし 秋純吟 「ポルチーニ」700円を
いただきました。


おおおおお。
やっぱ和食には日本酒がいいよねぇ。

f0054556_12533734.jpg
・温菜 「埼玉県産鴨の棒葉味噌焼き」
     付け合わせは青なすと栗

この棒葉味噌焼きは、鴨の火の入れ方が私好みでしたわ。
しっとりとしていて、美味しかった。
そして青茄子のみずみずしさが、
お味噌で一杯のお口をリセットする良い働きをしてくれました。

f0054556_01002959.jpg
・「焼物」 金目鯛黄金焼き ひらたく言って焦がしバター焼き

 香ばしく焼き上げられた金目鯛の身がほっくほくでこれまた大変美味しゅうございました。

f0054556_01040690.jpg

・「箸休め」 無花果、モッツアレラチーズの海苔包みの揚げだし。
この軽く揚げたモッツアレラチーズと海苔の天ぷらが、
美味しいお出汁を吸って、さらにおいしくなっておりました。

揚げ出し豆腐は何度も食べたことがありますが、
モッツアレラチーズはお豆腐のような淡泊なあっさりとした美味しさ+もちもち感があって最高。


f0054556_01113280.jpg
・メイン「岩中豚 幽庵焼き」

岩中豚って埼玉県で飼育されている無菌豚だそうです。

山葵をつけていただきますが、付け合わせの紫色のボール。
じつは、じゃがいもシャドークイーンにバジルを混ぜたものだそうです。
面白い!

f0054556_01115816.jpg

この豚のお肉が、繊維を感じさせない滑らかな食感の豚ちゃんだったのです。

しっとりとしていて、素晴らしく美味しかった。

お次が最後のお料理。
お食事のはずが…

f0054556_10364930.jpg
美味しそうなお肉がやってきました。
黒毛和牛です!

f0054556_12192508.jpg
このお肉をバーナーで炙っちゃいます。

f0054556_10411416.jpg
・お食事 「生雲丹と黒毛和牛の土鍋ごはんと赤だし」

赤だしはなめこと三つ葉、お漬物もつきます。

この生雲丹の土鍋ご飯もこちらのスペシャリテです。

f0054556_10433288.jpg

こうして、さきほど炙った黒毛和牛で、土鍋ご飯を巻いていただきます。

もう、美味いっ!

しかも、ごはんもたっぷりあります。
うれしぃ~~~。

今まで、8品もお料理いただいてるのに、
がっつりとご飯食べてしまいましたわ。
炊き加減とか素晴らしく私好みで美味しかったんです。

食後にアールグレイか、ローズヒップ、カモミールのお茶をいただけます。

が、デザートはいかがですか?
と、勧められて…。

デザートは3種類ありました。
いずれも600円です。

・マンゴーのセミフレッド
・ほうじ茶のジェラート
・ミモレットの生キャラメル

f0054556_10511705.jpg
私はマンゴーのセミフレッド。

冷たく甘く、ほろっと崩れて美味しいセミフレッドでした。



f0054556_10475240.jpg
夫が選んだのはミモレットの生キャラメル

これがね~~~。
オツな味だったんですよ。
生キャラメルは薄い円盤状で、
その上にたっぷりミモレットがかかっています。

ミモレットのしょっぱさと生キャラメルの甘くミルキーな味が相まって、
何とも言えないオツなお味でしたよ。

お酒を飲みたくなってしまいましたわ。

お店の方によりますと、こちらのデザート類は店長さんが考案されたそうです。

f0054556_10593532.jpg

美味しかったね~とお茶をいただいていたら、
お茶菓子もでてきました。

抹茶とチョコレートのクッキーと、
胡桃ときなこのビスコッティです。
和と洋がミックスされているけれど、
しみじみとした味わいの素朴なお菓子でした。

f0054556_11030093.jpg



予約してコースでたっぷりと堪能したいけど、
二次会、もしくはゼロ次会で、カウンターで美味しいアテと共に一杯いただくのもいいなぁとも思いました。

f0054556_11055584.jpg
サービスもつかず離れずで丁度よい按配。
美味しいお料理とお酒だったので、ながながとリポートしてしまった。
又行きたいな~。


飯田橋 喝采割烹・小料理 / 飯田橋駅後楽園駅水道橋駅
夜総合点★★★★ 4.2





by jumbo0317 | 2017-10-03 11:18 | おそとでごはん | Comments(0)

フードアナリストのじゃんぼなおかんです。食い意地こそが私の原動力。食べ物のお話、旅のお話、日々のあれこれを綴ります。御連絡はこちらにお願いいたします。   jumbo0317@yahoo.co.jp


by jumbo0317
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31