フードアナリストのじゃんぼなおかんです。食い意地こそが私の原動力。食べ物のお話、旅のお話、日々のあれこれを綴ります。御連絡はこちらにお願いいたします。   jumbo0317@yahoo.co.jp


by jumbo0317

プロフィールを見る

最新の記事

台風の中(笑) 国立新美術館..
at 2017-10-23 00:51
絶対行っておくべし!「SHA..
at 2017-10-21 11:47
ここ、気に入っちゃったよ。焼..
at 2017-10-20 23:45
スキャグウェイで一番人気、ホ..
at 2017-10-17 22:34
ダイヤモンドプリンセス乗船初..
at 2017-10-17 10:37
お家で川崎「モナリザン」のキ..
at 2017-10-16 00:49
ガッツと元気が出そうなラーメ..
at 2017-10-15 18:55
大きな声で元気よくおしゃべり..
at 2017-10-14 23:15
名物「キャセロール」だけじゃ..
at 2017-10-13 12:53
新横浜のDEEPサイド、立ち..
at 2017-10-12 10:04

カテゴリ

全体
おうちごはん
めざせ!健康!ごはん
おそとでごはん
人形町界隈でごはん
おうちでおやつ
おそとでおやつ
お店のおやつ
映画・TV
本・読書
日々のあれこれ
音楽
旅行・お出かけ
TDR訪問記
2017年夏軽井沢大家族旅行
2017年夏アラスカ ルビープリンセス
2017年夏シアトル クルーズ前後滞在記
2017年GW東京&日光母叔母娘旅
2017年春休み 大阪
2017年冬東三河いいじゃん!
2016年小田原箱根お誕生日記念
2016年秋大阪三河食い倒れ
2016年セレブリティミレニアム見学
2016年九州釜山ダイヤモンドプリンセス
2016年春小田原箱根お花見
2016年新潟県新発田市月岡温泉
2016年Yuming苗場と越後湯沢
2016年成田山香取鹿島初詣
2015年夏大阪・日生小豆島
2015年GW 修善寺
2015年春休み 大阪
2014年北海道ダイヤモンドプリンセス
2014年春休み 大阪
2013~14年 札幌
2013年夏 伊東ハトヤ旅行
2013年夏 三河・大阪・日生
2013年GW 三河・大阪
2012年夏 伊東ハトヤ旅行
2012~13年年越し 札幌
2012年夏軽井沢大家族旅行
2011~12年年越し 札幌
2011年夏 沖縄
2011年夏 熱川
20010~11年年越し 札幌
2010年夏 三河・大阪・日生
2009~10年年越し 札幌
2009年夏 ハワイ旅行
2009年夏 ハワイ旅行で食べた物
2009年春 沖縄旅行
2008~9年年越し 札幌
2008年夏 三河・大阪・日生
2008年春 三河・大阪・京都
2007~8年年越し 札幌
2007年夏 ハワイ旅行記
2007年夏 ハワイ旅行で食べた物
ハワイの思い出
カメラとか、NIKONとか。
キッザニア
LEGOLAND DISCOERY C
Health&Beauty
モニター
お気に入り
毒舌おかん
いまいち?だった食べ物
どうぶつの森
ビリー隊長
ホームベーカリー
未分類

タグ

(610)
(558)
(434)
(338)
(243)
(201)
(197)
(173)
(157)
(149)
(140)
(139)
(135)
(121)
(101)
(90)
(85)
(80)
(71)
(58)

最新のコメント

>omachiさま お..
by jumbo0317 at 00:27
★Fukui-curry..
by jumbo0317 at 00:23
こんにちは。 新横浜に..
by fukui-curry at 12:19
WEB小説「北円堂の秘密..
by omachi at 20:29
★miekichi様 ..
by jumbo0317 at 23:11
リンク恐縮です~♡ 私..
by miekichi1014 at 01:16
★miekichi101..
by jumbo0317 at 00:36
久しぶりにいらしてたんで..
by miekichi1014 at 02:06
★tocさま こんにち..
by jumbo0317 at 19:44
おおーーー コレが..
by toc at 17:21

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

ブログジャンル

食べ歩き
旅行・お出かけ

お気に入りブログ

新・うっきーマウスの食い倒れ七転八起 
everyday,happy go lucky! 
暫定DUSTBOX 
Aunty Aniniのひとりごと 
あたし・主婦の頭の中 
めぐろのY子より
おぼっちゃまとでぶ。.:*:・'゜☆。小家族



あなたの体験を、次のトレンドに womedia会員募集中!








お気に入りブログ

じぶん日記
いろいろ食べたよ
TAMAの卵
おいしい~Photo D...
ばーさんがじーさんに作る食卓
スカパラ@神戸 美味しい...
世界たべあるき日記
ヤマザキマリ・Seque...
空ごはん日記
A piece of P...
IkukoDays
Potatep(日本語版)
Kaorin@フードライ...
パウダーブルーな日々
~しっぽの気持ち~
心地よい暮らしを
ごはんの時間 ++気まぐ...
まんまるな幸せ♪
手足をのばしてパタパタする
虎ママの独逸日記
フィレンツェのガイド な...
1224の備忘録。
Regina×マダム松澤...
ぴきょログ~軽井沢でぐー...
No 麺 No Life
ときどき更新海街blog
ゆりこ茶屋2

検索

記事ランキング

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

外部リンク

ファン

カテゴリ:2017年夏アラスカ ルビープリンセス( 28 )

絶対行っておくべし!「SHARE BY CURTIS STONE(シェアバイカーティスストーン)」メニュー詳細ご紹介も。:ルビープリンセス アラスカクルーズ

f0054556_10225744.jpg

ルビープリンセスでのお楽しみは
ダイヤモンドプリンセスにはない、
プリンセスクルーズ自慢のスペシャリティレストランがある事です。


THE SALTY DOG GASTROPUB (ホイールハウスバー内) FoodMenu $12 ドリンク別
〇CROWN GRILL PREMIUM SEAFOOD AND CHOP HOUSE $29
〇Crab Shack 不定期open $29
〇Chef’s Table 乗船初日にご案内あり。 厨房見学とワイン付き $95

そして、

f0054556_23431260.jpg


Ruby Princess, Emerald Princess そして Sun Princessにこのレストランがあります。

もともとクルーズ料金は、宿泊、お食事、エンターテイメントが含まれているのですが、
追加料金をお支払いすることで、専門店のお味が楽しめるレストランがあります。

追加料金はプリンセスクルーズの場合$29のレストランが多いのですが、
シェアーバイカーティスストーンの$39とちょっとお高めですね。

さて、このカーティスストーン氏は、
オーストラリア出身でロンドンの有名店で修業し、
数多くの料理番組に出演する人気シェフ。
アメリカのビバリーヒルズやハリウッドのレストランも人気があるそうです。

日本にいたら食べることができないスターシェフ考案のお料理がいただけるのであれば、
ぜひぜひいただきたいわ~と、日本人ホステスさんに予約をお願いしたら、
夜20時30分からと遅い時間スタートとなりました。

f0054556_23511077.jpg
レセプションには、すごくインパクトがある女性スタッフがいらっしゃいます。
自分で直接ここに来て予約しても良いと思います。

f0054556_23360790.jpg
16階サンデッキ。
レストランの入り口。

f0054556_23534909.jpg
私たちは壁際のソファの席。
母と叔母がゆったり落ち着いてお食事することができて良かったな~と思います。

f0054556_23550606.jpg

こちら、食後に撮った店内のお写真です。
かなりゆったりと空間を贅沢に使ったテーブルの配置です。


こちらのメニューは6コース(6品)という事で、
プリフィクススタイルです。
当初のコンセプトでは、みなでシェアしていただくレストランという事だったようですが、
今は普通にメニューから 、それぞれ好きなものを選べます。

f0054556_00024104.jpg
最初にパンとハーブバター。

あれ、
このパン、ものすごく美味しいんですけど。
ルビープリンセスのパンはダイヤモンドプリンセスに比べていまひとつだなぁ…スカスカって感じだな~と思っていましたが、ここのパンはちゃんとしたパンだった!

でも、ここで飛ばしてパンを食べ過ぎると後に響くのでちょっと我慢です。

f0054556_10371768.jpg
さて、この日選んだワイン。

ワインリストも他のレストランとは別の物でした。
カリフォルニアを中心にいろいろな国のワインがあります。

選んだワインは、
びっくりすることに、市場価格とあまり変わりないんです。

フルーティなワインだったと記憶しております…(だいぶいろいろ忘れちゃったー。)

いよいよお料理のスタートです。(V)はヴェジタリアンメニューです。
f0054556_10520423.jpg


course one | STARTER
二品から選びます。
1.Charcuterie シャルキュトリー盛り合わせ
2.Pantaleo cheese with accompaniments パンタレオチーズ (V)

私たちはシャルキュトリー盛り合わせ。
そのシャルキュトリー、ハムは18か月熟成のサンダニエルプロシュート。
もう一品のサラミを
フェンネル風味のフィノッキオ-ナ(トスカーナのサラミ)、
ハンガリーのニンニク風味のサラミ、
スパイシーなソップレッサータの3種類から選びます。
確かハンガリーのニンニク風味のサラミを選びました。
熟成されたサラミが味わい深いし、オリーブはフレッシュな感じで美味しゅうございました。



f0054556_11014146.jpg


course two | SALAD
3品から選びます。
1.Tomatoes and Burrata トマトとブッラータチーズ (V)
2.Lemon Poached Prawns レモンポーチドプラウン(レモン風味の海老)
3.Little Gem リトルジェム(サラダ) (V)

海老にしてみました。
これは…。
美味しいけど、特に驚きはない安定の美味しさです。


f0054556_11334381.jpg

course three | PASTA – MADE FRESH DAILY
2品から選びます。
1.Ricotta Cavatelli リコッタチーズのカヴァテッリ (V) 
 カヴァテッリはシチリア?プーリア?の手打ちパスタです。
 リコッタチーズと菊芋や豆、スプラウトと共に。

2.Pork Ravioli ポークラヴィオリ
 レモングラスクリームに包まれたグリーンカレーのラヴィオリ。
 トッピングはチチヤローネスというカリカリに揚げた豚肉の背脂。

私はポークラヴィオリ!
これこれ!こういうお料理を食べたいんです。
スタンダードなお料理はメインダイニングで食べられますからね。

こちら、サーブされた時に、
「先にラヴィオリをオープンしてくださいね。」と言われて、何かな?と思ったら。

f0054556_11352795.jpg
なんと!ピンク色になったんです!
面白い!

お味はちょっとエスニック風味のラヴィオリ。
たまにこういうのもいいねと、美味しくいただきました。


f0054556_11370674.jpg


course four | SEA
4品から選びます。
1.Butter Poached Lobster Tail バターポーチドロブスターテイル
 このレストランのスペシャリテの一つです。
 低温で茹でたバター風味のロブスター、
 付け合わせは玉ねぎのスービーズ(スープ)の下にカリカリのパンチェッタとロースとポテト。

2.Day Boat Scallops デイボートスキャロップス(帆立)
  軽く火入れした帆立。胡麻とひよこ豆のピューレ、地中海スパイスミックス。

3.Steelhead Trout スティールヘッドトラウト
  カナダの頭が大きいニジマスのような魚がスティールヘッドトラウト。
  冷たいお水で凍らせた?スティールヘッドトラウトが、ホワイトワインの白いブリュレの上に載せてあります。
  付けあわせはアスパラガス。

4.White Corn Veloute ホワイトコーンヴェルーテ (V)
 白いトウモロコシのヴェルーテ(フランス料理の基本ソースの一つ、ポタージュスープのような物)
 タラゴンの香りとグリルしたアスパラガスと共に。

これは、メニュー選び失敗した!
ロブスターテイルにするべきでしたー。
焼いた帆立なんて、いつでもどこでも食べられるじゃないの!



f0054556_23310428.jpg


course five | LAND
4品から選びます。
1.Duck Leg Confit 鴨のコンフィ
最初のお写真。
これはね、一口食べさせてもらいましたが、とてもとても美味しかった。
今まで食べた鴨のコンフィの中で一番かも。

2.Strip Loin Steak ストリップロインステーキ
ニューヨークスタイルのステーキ。菊芋のピューレ、おネギ、かりかりの玉ねぎとともに。

3.Lamb Loin ラムロイン
ラムの背肉ととても柔らかい部分。付け合わせはアーモンドとレモンヨーグルトのクスクス、ハリッサ(地中海スパイス)の香り。

私はこちらを選びました。
ラムの中でも、ローストしたラックや、所謂肩ロースのジンギスカンは好きで何度か食べたことがありますが、
このロインはとっても柔らかくて、風味もかなりお上品でした。
少し中東を思わせるエスニックな付け合わせと共に、美味しくいただきました。

4.Mushroom Ragu マッシュルームラグー(きのこの煮込み)(V)
きのこの煮込みとローストしたエリンギ?(キングトランペットマッシュルーム)仕上げはメイヤーレモン(今人気のオレンジとレモンの自然交雑品種)とリコッタチーズで。




course six | DESSERT
3品から選びます。
私たちはそれぞれ1品ずつ選びました。

f0054556_11594304.jpg

1.Dark Chocolate Cremeux ダークチョコレートクリーム
ヘーゼルナッツのカスタードとクリスピーなムースのチョコレートと、
焼いて薫り高くしたバニラビーンのアイスクリーム

f0054556_11595272.jpg
2.Citron Tart シトロンタルト
伝統的なタルト生地を使った柑橘類のタルト、新鮮なラズベリーとイタリアンメレンゲと共に


f0054556_12000242.jpg
3.Toffee Cheesecake トフィーチーズケーキ
付け合わせは赤ワインに漬けこんだ、自家製の干しぶどうと葡萄。

私はチーズケーキにしました。
アメリカ人が大好きな、超絶甘いケーキではなく、
ディナーコースの最後でもするっと食べられる素材の味を活かしたデザートでした。


f0054556_23591722.jpg
もう夜の10時半くらいですが、外はまだ明るいです。
もう皆さんお帰りになってガラガラですわ。
ソファ席はゆったりしていてよかったけど、やはり海が見えるテーブルがいいよねー。
やっぱアメリカ人優先なのかなぁ…。

途中から、お隣のテーブルのインド系カップルの事がすごーく気になってしまったー。
もう俳優女優カップルみたいに、とてもとても美しかったんですよ~。
見とれてしまったわぁ…。
その後、船内で何度かお見掛けしましたが、
お嬢さん、お坊ちゃんも可愛らしく、とても素敵なご家族でしたわ。



f0054556_12004274.jpg
こちらは、レセプション前のウエイティングスペース。
落ち着いていて良い雰囲気。

こちらのレストランのお料理、6品もありましたが、母も叔母も食べることができました。

素材、調理法とも、メインダイニングとは一味も二味も違うお料理の数々で、
なるほど、料金別なのは納得です。
そして$39の値打ちは十分にありますので、
食に興味がある方なら、
カーティスストーンのレストランが入っているお船
ルビープリンセス、エメラルドプリンセス、サンプリンセスに乗船されたら、
一度はお食事されることをお勧めいたします!

日程、時間を指定したい場合は、乗船前にクルーズパーソナライザーで予約できますので、
先に予約した方が良いと思います。
私は、迷っていて、乗船後予約しようとしたら、夜の遅い時間になってしまいましたので…。

私が次回、シェアーバイカーティスストーンの予約を入れるとしたら…
今まで乗船した傾向から、乗船日のメインダイニングのメニューは、
オーソドックスで毎度おなじみな感じのメニューのようですから、
事前に乗船初日で予約したいです。
お時間は出航時刻やセイルアウェイパーティやイベントの事を考えて指定したいと思います。

又、シェアーバイカーティスストーンが入っていないお船では…。
メインダイニングのディナーメニューに、カーティスストーン氏考案のメニューがあります。
マークがついているのでわかると思いますが、
「鶏肉とリークのポットパイ」
「チリアンシーバス、黒ムール貝、あさりのシーフードシチュー」
「豚バラ肉のロースト」
の3品です。
ダイヤモンドプリンセスでポットパイとシーフードシチューをいただきましたが、
とても美味しかったです。

メニューにつきましては、
わたくし、英語もお料理もスペシャリストではありませんので、
かなり適当な和訳ですが、雰囲気が残っていればいいなぁと、自分の思い出のために記載しておきました。

随分と長いレポートになりましたが、
とても印象に残ったので、がんばってレポートを残しておきました。


他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-10-21 11:47 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

スキャグウェイで一番人気、ホワイトパス&ユーコンルート鉄道はお天気が良ければ最高:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_21553664.jpg

先日、ショアエクスカーションについてレポートしましたが、
「ホワイトパス列車、サミット、吊り橋と庭園での昼食」ルビープリンセス アラスカ・ショアエクスカーション


その詳細についてまとめておきたいと思います。

このスキャグウェイ一番人気の観光列車は、

ホワイトパス&ユーコンルート鉄道といいまして…
以下公式Webサイト。

White Pass & Yukon Route Railroad.

Webサイトには日本語のリーフレットもありますので、地図など旅行前にチェックしておくと楽しいです。



カナダ ユーコン準州の州都のカークロスと、アメリカ・アラスカ州のスキャグウェイの間、約110kmの区間で運行しています。
一番標高が高いホワイトパスまで、スキャグウェイから32km。標高差は879.3mもありますので、港から峠の上までの景色の変化を楽しむ列車として、夏のクルーズ客に大変な人気があるのです。

1897年のアメリカは、クロンダイクゴールドラッシュで大勢の人が一攫千金を夢見てこの地にやってきましたが、金を採掘するところに辿り着くまでが大変な冒険だったようで、1899年にこの鉄道が作られたそうです。


さて、我々クルーズ客は、


f0054556_11502168.jpg

赤い四角がルビープリンセス、赤い枠が他のクルーズ船。
線路のマークがユーコン&ホワイトパス鉄道の線路ですが…。

一番左下のレイルロードドックに停泊していると、列車は目の前です。
でも、我々は、一番遠いOreドックなので、バスで移動。

f0054556_22005491.jpg
そして、赤い機関車マークがある辺りから、列車に乗ります。
夏の一番繁忙期だからだと思います。

列車の中はレトロなインテリアでくつろげる雰囲気です。
ストーブがありがたいわぁ~。(7月ですよ!)

f0054556_11540486.jpg


事前にどの車両に乗るか指定されます。船毎、ツアー毎に割り振りされているようですので、特に夏の繁忙期は指定車両に乗るべきでしょう。
(他の旅行記で写真を撮りやすい車両を選んで乗車したという方がいらっしゃいました…。きっと、ツアーにはぐれても自力で船に戻れる自信がおありなんだと思います。)

f0054556_12000542.jpg
大勢のお客さんが乗り込みます。

事前予習通り進行方向に向かって左側に座ります。
なぜなら、右側だと、ほとんどの景色が崖だからです。

f0054556_12010748.jpg
f0054556_12014853.jpg
操車場?の横を走っていきます。

f0054556_12022549.jpg
この川の向こうは、美しい山があるはずなのです。

f0054556_12025403.jpg
山肌というか岩肌に、プリントをしてあるところが多いです。

f0054556_12033623.jpg
写真撮影が好きな人は、寒さにも負けずデッキで頑張ります。
私もその一人。
なので、デッキで写真を撮りたい人は、車両の前方や後方の端っこにお席を確保するのがおススメ。

f0054556_12045562.jpg
渓流が見えるのですが…

f0054556_12053080.jpg

滝とかね。

f0054556_12054729.jpg

小さい鉄橋の手前で停車しました。

f0054556_12061263.jpg
何事???

f0054556_12070229.jpg

f0054556_12072866.jpg

グレイシャーというところです。


f0054556_12074364.jpg
ヘリコプターまで来ちゃったよ!
急病人???

f0054556_12081114.jpg
普通にハイキング風の人が乗り込んでいますので、ここからハイキングに行かれるのかもしれません。

この後、何事もなかったように出発しました。

f0054556_12112520.jpg
私たちは前の方の車両でした。
うしろに延々と続きます。



f0054556_12120881.jpg
多分素晴らしい景色なんだろうとは思いますが、実際その場にいると見えるのはほんの一部。


f0054556_12125395.jpg


f0054556_12135390.jpg
滝というか沢も見えるのですが、
私たちが期待していたのは、山の間から見える下界の景色…。

何も見えないので、退屈したのか、デッキでカメラを構える人がどんどん減ってきました。

f0054556_22235999.jpg
そうそう、車内にはちゃんとお手洗いもあります。
綺麗でしたよ。

f0054556_22270351.jpg
もうこの日はお天気が悪くて、ほとんどがこんな感じの道のりでした。

これ、晴れてたら、きっとものすごーく盛り上がっていたと思います。

f0054556_22242487.jpg
標高があがると、植物や地表の雰囲気も随分変わりますね。

f0054556_22253207.jpg
この日は出発してから2時間15分位で到着です。

このショアエクスカーションは絶対行く!と思って、事前に予約していたのに、
お天気が今一で、返す返すも残念でしたー。



他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-10-17 22:34 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

2017.7.11.クルーズ4日目スキャグウェイ寄港日に食べたもの。:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_00110727.jpg

この日は、ショアエクスカーションの集合時間が早かったんですけど、
朝ごはん、どうしたんだろう???
記憶も記録もないわ。

もしかして、ホライゾンコートでちゃちゃっと食べたか、
インターナショナルカフェでパンなど持ってきてお部屋で食べたか…。

ランチはショアエクスカーション「Jewel Garden ジュエルガーデン」のレストラン
「Poppies Restaurant ポピーズレストラン 」にて。

f0054556_00122957.jpg
最初にほんのり温められたパンとバター、多分ハウスブレンドのイングリッシュローズティー English Rose Tea 。

f0054556_00472534.jpg

スモークサーモンのキッシュ Smoked Salmon Quiche du Jour
スープオブザデイ Soup of the Day  
ハウスサラダ House Salad



f0054556_00501879.jpg
デザートはアメリカーンなケーキ。
フルーツソースが酸っぱすぎたけど、ケーキ自体は甘さ控えめな気がしました。




f0054556_00512633.jpg

ショアエクスカーションが終わって、お船に帰ってきたら~。

インターナショナルカフェで一休み。

f0054556_00521664.jpg
ボネ(アマレットが効いたチョコレートプリン)とカプチーノ。

インターナショナルカフェの一部のデザートは美味しい。

f0054556_00530378.jpg
しょっぱいものも食べたくなって、タイ風の海老のサラダ。
これがすこぶる美味しかった。
お代わりしちゃったわよ。

そして、お部屋の母や叔母にも持って行ったけど、
あんまりお腹が空いていなかったみたいでした。


f0054556_00541752.jpg
お楽しみのディナー。
この日はアラスカメニューが充実している日でした。

「アラスカ産貝類のビスク」
コニャック入りロブスタークリームソース、白身魚、海老、黒ムール貝

この日は前菜はとばして~

メインは最初のお写真。
「レッドキングクラブレッグ(たらばがに脚)の蒸し焼き」
レッドポテトとスナップエンドウ、溶かしバターと共に。

f0054556_15250524.jpg
この日のワインは~
Central Coast ,California
$39

なんだか、毎日カリフォルニアのシャルドネばっかり飲んでいるような気がしますわー。

アメリカのお船なので、やはり米国のワインの品揃えが良いように思います。

f0054556_15395731.jpg


もう一つのメインは~
「フライパンでローストしたアラスカ産ハリバット(おひょう)」
ライムの葉入りタイ風ココナルカレー、チンゲンサイに炒った白ごまをまぶして。

このお魚に~

f0054556_15430490.jpg
別添のグリーンカレーソースをかけて食べるのですが、
このグリーンカレーソースが、ちょっとマイルドでとっても美味しいの。

美味しい美味しいって食べていたら、
ウエイターさんがカレーソースのお代わりを持ってきてくれました。
気が利くじゃないの!
ありがとうございました。

f0054556_15485023.jpg
デザートでーす。


「焦げ目をつけたルバーブナポレオン」
ネクタリンアイスクリーム

ルバーブのジャムは食べたことがありますが、こういう形で食べるのは初めて。
こちら、意外とというか、アイスクリームと一緒に食べると美味しかったです。


この日の夜は、スカイウィーカーズナイトクラブ(船尾の一番上にある、ディスコ?もあるナイトクラブ)にて、
ちょいと一杯飲んできました。

f0054556_16091938.jpg
確か、
ULTIMATE MAI TAI $7.75

だったと思います。

違うかなぁ…。
グラスがロングなので違うカクテルかもー。

アラスカクルーズのみのカクテルもいろいろありましたよ。

いろいろ飲んで、踊っちゃったりしたかったけど、
おとなしくキャビンに戻りました。


他の記事はこちらからどうぞー

by jumbo0317 | 2017-10-11 16:33 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

「ホワイトパス列車、サミット、吊り橋と庭園での昼食」ルビープリンセス アラスカ・ショアエクスカーション

f0054556_14125783.jpg

久しぶりにアラスカクルーズのレポート更新です。

クルーズ旅行では「ショアエクスカーション」という名前のオプショナルツアーがあります。

プリンセスクルーズでは、日本のクルーズは旅行代理店を通して申し込まないといけなくなったのかな?
もしくはPC苦手な人は旅行代理店を通じて申し込むこともできるというスタンスなのか、不明なのですが、
海外クルーズの場合は、
予約した人が利用できる「クルーズパーソナライザー」という機能を使って、
Webサイトを通じて、検討、予約できるシステムになっています。

もちろん、船上にもショアエクスカーションのデスクがありますので、
そちらでも申し込みできます。
が…

f0054556_14373898.jpg
いつも、めっちゃ並んでまーす!
たまに並んでいないこともあるけどね。

後日詳細レポートしますが、

f0054556_11254526.jpg
「PRINCESS@SEA」というスマートフォンアプリを使っても、
船内で並ばずに、ショアエクスカーションの予約できるんですよ。

内容などのご相談をしたい時はカウンターで、もう決まっている場合はクルーズ前に予約するか、「PRINCESS@SEA」がいいですよ。

私たちは、スキャグウェイでは、ホワイトパス鉄道には絶対乗りたい。
でも、鉄道だけで良いのかしら?他に何かないかな~と調べていて…。

f0054556_11290191.jpg
往復鉄道よりも、帰りはクロンダイクハイウエイという風光明媚なハイウエイをバスで戻ってくるのが良いわとなりました。
しかし、行き鉄道ー帰りバスのショアエクスカーションは事前の予約状況をみると、もう一杯だったんです。
なので、
ついでにカナダにも行っちゃう、
ツアー番号:SGY-240 列車、サミット、吊り橋と庭園での昼食
というエクスカーションの申し込みをしました。
全部合わせて$199.95は妥当なお値段だと思ったんですよね。

f0054556_11314405.jpg
こちらは事前に申し込んであったので、チケットがキャビンに届けられていましたよ。

朝7:20に桟橋集合と書いてありました。
あと早めに申し込んでおくとベジタリアンミールも大丈夫なようでした。

f0054556_11332380.jpg
桟橋にはバスが一杯停まっていて、ツアー番号を書いたボードを持っているガイドさんが待っていますよ。

直前まで、ガラガラだったのに、船内で申し込んだ方が多いのか、バスは満員でしたよ。

f0054556_11342851.jpg
ガイドさんは髭のにーちゃんでした。

バスでホワイトパス鉄道の乗り場まで移動しますが、この日はお客さんが多かったのか、我々ルビープリンセスの団体客は、駅からずいぶん離れたところから乗車しました。

f0054556_11373899.jpg
繁忙期だからでしょうか、公式HPでは7時40分が出発時間ですが、乗車できたのが8時ごろでしたね。
もしかしてクルーズの団体客用特別編成だったのかしら。

片道$85、1時間45分の鉄道旅です。

f0054556_11413295.jpg
f0054556_11415041.jpg
自慢の景色も何も見えませんなぁ。

途中ヘリコプターが来て停車したりしたので、2時間かかって10時15分ごろ下車。

f0054556_11442341.jpg
10分後、米国-カナダ国境を越えて~。

f0054556_11453003.jpg
約30分後の10時45分ごろ

入場料は$18です。

こちらに約45分滞在しましてー。

f0054556_11494783.jpg
クロンダイクハイウェイを

f0054556_11492729.jpg
このバスで下っていくのですが~。

f0054556_11504341.jpg
f0054556_11502428.jpg
景色はこんな感じです~(泣)

ちょっと景色をみて
12時ごろから、45分くらいかけて、スキャグウエイの町まで下っていきました。


すぐに園内の「POPPIES RESTAURANT」にてランチ。

f0054556_11572723.jpg

パン、スープ、お茶、キッシュ、デザートのランチでした。

メニューによりますと、
スープ&キッシュコンボが$14で、それにケーキもつきました。

f0054556_12010273.jpg
ガーデンの入園料が
$12.50なのかな。

ここまで、乗車券や入園料あわせて$130位ですね。

1時間と少し滞在して、移動です。


f0054556_12041151.jpg
スキャグウェイの町を通り抜けて、

f0054556_12054968.jpg
ピアの近くのバス停車場で降りて、スキャグウェイの町をぶらぶらしました。

お船に戻りたいお客さんはこのままバスにのって、船乗り場の近くまで連れて行ってもらいます。

14時半ごろ解散です。

盛りだくさんで良かったです~。
お天気が残念。

でも、アラスカってずっとこんなお天気なのかな。

他のエクスカーションも鉄道+ほかにいろいろがありますので、
お好みの物を見つけて申し込まれるのが良いと思います!

天気予報を見てから船内で申し込む場合は、早めにどうぞ~。

各々の観光地につきましても、又後程レポートいたします!



他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-10-10 12:12 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

2017.7.10.クルーズ3日目、ジュノー寄港日に食べたもの:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_23412713.jpg

この日、最初の寄港地、ジュノーに入港するのは11時の予定。

2日前16時にシアトルを出航してから、どんどん北上してきました。
私たちのキャビンは船の前方にあるので、
お船の後方にある「ホライゾンコート」に行くには、
カリブデッキの狭くて長い廊下をひたすら歩いて後方に行ってからエレベーターに乗るか、
キャビン近くのエレベーターで上がってから、プールサイドを歩いて後方へ行くか。
その二択なのですが、基本エレベーターで上がってからプールサイドを歩きたいものです。
が、しかし、プールサイドがどんどん寒くなって、日光浴する人が少なくなってきましたよ。

f0054556_23461920.jpg
朝食はゆっくりめ。
ベーグル半分、ソーセージ。
この日はワッフルをいただいてみましたが…。
ダイヤモンドプリンセスの方が美味しかったよ~~~~。
お船によって、同じお料理でもお味が違うのねぇ。

f0054556_23474451.jpg
もちろん、ベーグルにはスモークサーモンとクリームチーズをonですよ!
これが毎朝食べられたのは幸せ。

f0054556_23462740.jpg
後は、フルーツ少し。


f0054556_23515866.jpg

アラスカのビール、なかなか美味しゅうございましたぞ。

f0054556_23501154.jpg
ランチはこれです!

f0054556_23494332.jpg
蟹!
美味しかった~。

詳細はこちらです。


f0054556_23512152.jpg
食後にコーヒー。
これは…。
イマイチでしたな。
残念。


f0054556_23524772.jpg
お船に戻ったら、
バルコニーで乾杯。

ハイネケン。
4本の価格で5本パックです。

そんなん、あっちゅう間になくなりますわな。


そして、ディナー!

最初のお写真は前菜です。

「ヤギ乳チーズの二度焼きスフレ」
ガーリック風味のサバイヨンソースで。

これ、美味しかった~~~。
チーズ独特の発酵臭は控えめで、コクがあって、ワインがすすむお味でした。
ってことで、前日の残りのワインなんて即なくなりまして…。


f0054556_23563425.jpg

FETZER "sundial" 2013 CARDONNAY California  $28

ラベルの下に
PIONEERS IN SUSTAINABILITY と書いてあります。
意識高い系のワインです。

日本円だと、1000円前後で買えるワインだと思いますが、とても美味しかったですよー。
とても、そんなにリーゾナボーなワインとは思えません。



f0054556_00014356.jpg
お口直しに「ストロベリーシャーベット」


f0054556_00022813.jpg
メインその一は
「ホタテのソテー」
シトラス3種のブールブランソース、野菜の細切り、レッドブリスポテトとともに。

プリンセスの魚介類のお料理は外れがあまりないのよねー。
こちらの帆立も、ベリィィィィィナイスでしたわ。


f0054556_00044783.jpg

そして、お肉のメインは
「南部風フライドチキン」
コールスローサラダとフライドポテトを添えて。

こちらも、美味しゅうございましたよ~~~。

チキンの衣が、ざっくざくしてるのね。
お口の中を切りそうだったわぁ。

f0054556_00062555.jpg
デザートは
英語名「Chocolate Lovers Delight」
日本名「チョコレート好きの方へ」

ダークチョコレートトリュフムース、ミニガトーオペラ。ヘーゼルナッツチョコレートパフェ。

これは、旨かった~~~~。



ちなみに、デザートメニューの中のアイスクリームメニューは日々少しずつ変わったりもします。

定番はバニラ、チョコ、ストロベリー、など、
イレギュラーで、バタースコッチキャラメル又パイナップル、トッピングにホイップクリームを添えてなど

母や叔母はアイスクリームをいただくことが多かったですね。

しっかし、もうクルーズ3日目。
早いなぁ。


他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-09-21 00:12 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

2017年7月アラスカ州都ジュノーの街並み:ルビープリンセスアラスカクルーズ

初めて訪れたアラスカの街。
f0054556_22524230.jpg


アラスカ州の州都、ジュノーです。

f0054556_23412986.jpg


f0054556_22530541.jpg
まず、朝9時ごろ。
陸地に近づいてまいりました。
気温が温かかったら、瀬戸内海みたいな感じですわ。

f0054556_22552777.jpg
陸地には滝が多いです。
雨が多い地方だからですね。
もっと北にいくと氷河になるんでしょうね。

f0054556_23000028.jpg
着岸しますよ~。

f0054556_23010124.jpg
ルビープリンセスはダウンタウンから一番遠い
SOUYH FRANKLIN CRUISE DOCKに停泊しました。


f0054556_23015414.jpg
どれくらい遠いかというと、この写真の奥の方がダウンタウンでございます。


f0054556_23022852.jpg
廃墟発見!

f0054556_23183603.jpg

SOUYH FRANKLIN CRUISE DOCKからダウンタウンに向かっていく途中に、TRAM(山頂に行くロープウエー)乗り場があります。




f0054556_23031012.jpg
このレストラン「Tracy’sKing Club Shack」大人気。

一番ダウンタウンに近い良いとこに泊まっている、左のお船は、
ホーランドアメリカラインのユーロダムちゃん。
シアトルからず~~~~と一緒です。

f0054556_23095162.jpg

このクルーズターミナルにクルーズシーズン限定のビジターインフォメーションセンターがありました。


f0054556_22505221.jpg
ジュノーって、

f0054556_23240697.jpg
メンデンホール氷河以外は、ちょっと田舎の町って感じですね。

f0054556_22514324.jpg

f0054556_23234210.jpg
でも、短い夏を楽しむためか、ハンギングバスケットのきれいなお花がたくさんあります。

先ほどの「Tracy’sKing Club Shack」でお食事した後は、
ジュノー一美味しいと評判の

f0054556_23243170.jpg

「HERITAGE Coffee」に行ってみましたが、

f0054556_23272834.jpg
ちょっと私たちには薄口に感じられて、イマイチでしたわ。

f0054556_23274387.jpg
ちょこちょこっと面白い建物がありますよ。

f0054556_23290442.jpg
さっきのヘリテイジコーヒー、本店かな?
いくつかお店がありました。

f0054556_23300096.jpg



知らない町をぶらぶら歩くのは楽しいですね。

ふとした通りから、船が見えたりしますよ。

f0054556_23323024.jpg

ぶらぶら歩いていたら、クルーズターミナルまで戻ってきました。

ちょっとした公園のようになっています。

f0054556_23332162.jpg

屋台で美味しいものを買って、ここでピクニックしてもいいですね~。
お天気が良ければ。


f0054556_23335065.jpg


ここはね、カフェみたいなんですけど、水上飛行機乗り場のようでした。

f0054556_23352160.jpg
観光遊覧水上飛行機が、次から次へと飛び立っていきます。

f0054556_23360116.jpg
クルーズDOCKも満員ですわ。いや満船か?

f0054556_23370150.jpg
わんこの銅像もありました。

f0054556_23373305.jpg
私たちのお船のように、DOCKの一番奥に停泊したりなんかしたら、ちょっと気合入れて歩かねばなりませんからね。

年配の方は3輪車タクシーで連れてってもらうのが良いでしょう。

f0054556_23390043.jpg
クルーズDOCKにある
「TAKU」というお店。
海産物のお土産物屋さんのようでした。

f0054556_23400408.jpg
デッキの端っこに、お土産物屋さんがありましたわ。

ちょっと中をみてみたけど、イマイチかなぁ…。
あれ、コーヒーサービスしているようですね。

f0054556_23422952.jpg
下船した時には気づきませんでしたが、
このように、お花を愛する人が多いような気がいたします。

f0054556_23431725.jpg
夜は他のお船の出航を見守りました。

水面に光が写ってきれいですなぁ。

f0054556_23440028.jpg



一日、よく歩いたな~。










by jumbo0317 | 2017-09-18 23:46 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

2017.7.9 終日航海、そしてフォーマルデーで食べたもの:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_23423634.jpg
クルーズ二日目は終日航海日です。

そして、フォーマルデーでございます。

まず…


f0054556_23440280.jpg
朝8時、朝ごはんはホライゾンコートで。

f0054556_23454087.jpg

うわーい!
スモークサーモンてんこ盛り!

f0054556_23460736.jpg

ベーグル、ソーセージ、焼きトマト、ハッシュブラウン、コンビーフポテト、スクランブルエッグ。

ベーグルでクリームチーズとサーモンを挟みました。

朝ごはんにはサラダバーはありませーん。
母と叔母は残念がっていました。


f0054556_23482091.jpg

朝10時ごろ~。

チョコカップマフィンとコーヒーをバルコニーでいただきました!

f0054556_23501772.jpg
もうちょっとしっとりしていた方が好みかな~。

f0054556_23504523.jpg

この日のお昼もホライゾンコートで。

炒め物、揚げ物とハイカロリー。

f0054556_23524058.jpg
お昼はサラダバーがありましたよ。
ローストビーフと一緒にいただきました。

f0054556_23553386.jpg
ランチのデザートだす。

カップケーキ、キーライムパイ、ナッツのケーキ、アップルクランブル。

f0054556_23583172.jpg
ホライゾンコート、こんな感じです。

まぁ、もう、みなさん、アメリカの方は大きいですね。
じゃんぼなおかんのワタクシ、普通の人ですわ。ここでは。

さて、午後のティータイム。

アフタヌーンティーに行けばよかったなぁ。

f0054556_00042244.jpg

でも、プラザデッキのインターナショナルカフェでおやつ頂いちゃったよ。

f0054556_00073134.jpg
やたら白っぽいけど、ティラミス。

もうちょっとコーヒー風味が欲しいところですが、おいしゅうございました。

f0054556_00091426.jpg
そして~。
食べまくったわよ。

夕方4時に、リドデッキの「PREGO PIZZERIA」にて、マルゲリータ。

ふふ。
もうデッキは寒うーくなっていましたわ。
どんどん北上してるのね。


f0054556_00165970.jpg
さて、19時より、
キャプテン主催のウエルカムパーティとシャンパンウオーターフォールです。

このパーティでは、シャンパンとオレンジジュース、そしてミモザが大盤振る舞いですよ。

そして、また、ちょっぴり残念な事が…。

お飲み物だけで、フィンガーフートは無かったんです。

さて、前日のエニタイムダイニングは、ちょっと落ち着かないという事で、
日本人ホステスさんにお願いして、この日からトラディショナルダイニングにしていただきました。

ボッティチェリダイニングのセカンドシーティングと、なりましたので、
シャンパンパーティの後からディナーです。




f0054556_00252292.jpg
ワインは~。
フォーマルデーのディナーですので、ちょっとお高いものを。

SIMI "Landslide" Cabernet Asuvignon 2012
alexsander valley,California $48
日本円では3000円前後のワインですね。

この日のドリンクは
「クラッシックベリーニ」と「タングレーオークス」でした。

f0054556_00313132.jpg
前菜は「アップルウッドでスモークした鴨の胸肉」

f0054556_00343852.jpg
大好き!
オニオングラタンスープ。

f0054556_00354266.jpg
メインは

「Grilled Medallions of beef tender loin」
しっかりとあごを使って食べるタイプの赤身のお肉。

付け合わせのアーモンドコロッケみたいなのがおいしい。

f0054556_16022674.jpg
二つ目のメイン!

毎日オーダーできる定番メニューの中のアラスカ料理
★「サーモンのへーゼルナッツクラスト焼き、メープルシロップグレーズ添え」
ハーベストライス、タルトアップルレリッシュを添えて
コッパーリバー プリンセス ウィルダネスロッジ特製アラスカ料理
アンカレッジやウィッティア発着のアラスカクルーズの場合、ランドツアーがありまして、
プリンセスクルーズ専用のウィルダネスロッジがあります。
そちらの特製料理ということです。
が、
なんちゅうか、甘いのよね。
メープルシロップとかアップルレリッシュって書いてあるから当たり前なんですけど。
ヘーゼルナッツクラストをつけて焼いたサーモンに、
タルタルソースとか、トマトソース系だったら、好きな味だったろうなぁ。

半分くらいは食べたのですが、ちょっと残してしまいました…。



f0054556_16135276.jpg
デザートです!

「Chocolate Hazelnut bar with Citrus Cream」

前回2016年の熊野大花火瀬戸内韓国釜山クルーズでもいただきまして、美味しかったのよ。



プチフールもあったのですが、さすがにメイン2品ではお腹いっぱいで少し残してしまいましたワ。

という事で、クルーズ2日目に食べたものです。

朝食、昼食、アフタヌーンティーをダヴィンチレストランに食べに行ったら良かったな~と思いました。



他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-09-15 16:38 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

2017.7.8. アラスカクルーズ初日で食べたもの:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_15260397.jpg


ルビープリンセスでアラスカクルーズをするにあたって、
プリンセスクルーズのドル箱?路線、アラスカクルーズなら、
遠いアジアの日本の周りをうろうろしているダイヤモンドプリンセスよりも、
もーーーーっと、もーーーっと、
美味しいものがあったり、
独自のメニューがあったり、
なーんてことを期待しておりましたのよ。

うっきうきで、乗船して、
はりきって、ホライゾンコート(プリンセスクルーズのお船のブッフェレストランはリドデッキのホライゾンコートと決まっています。)に参りました~。


で、
何食べようっかな~とお料理を見に行ったら…。

あれ?

なんか、品数、少なくない?



デザートが、カフェカリブって後方デッキにあるからかなぁ~。
なんて、思ってたんですけど…。

とりあえず、

f0054556_15493429.jpg
サラダ用に薄くスライスされたローストビーフと、チーズとサラダ。
サンドイッチにしても良かったな。


f0054556_15545598.jpg

さて、カービングのコーナーより、お肉の塊の焼いたのを一切れ。
ソーセージ、インゲンやパスタなど、付け合わせとパン。

このパンがねぇ。
四角くて茶色い方のはスッカスカなの。

そして、カフェカリブ。

f0054556_15572745.jpg

チョーーーーー!
待って~~~。
なんか、めっちゃ品数少ないし、なんか、寂しいんですけどー。

これ、初日だから?
それともずっとコレ?

大丈夫かいな。

ってことで、夕方、おやつを食べにプールサイドへ。

f0054556_16111024.jpg
ギャルの後ろに並びます。

ダイヤモンドプリンセスでは、ピッツェリアと、アイスクリームバーのスワールズは別々の場所にありましたが、
ルビープリンセスでは、一緒になって、お船の真ん中あたりにあります。

f0054556_16142125.jpg
ミックスソフトをいただきました。

美味しゅうございました。
あ、北海道とか、なんやら牧場とか、なんちゃらジャージィソフトと比べたらあきません。

お待ちかねのディナータイム!

今回は、希望の時間のテーブルが取れなかったので、
エニタイムダイニングです。

ルビープリンセスでは、
デッキ5中央の「ミケランジェロ」がエニタイムダイニング。
エニタイムダイニングというのは、何時に行ってもいいけど、テーブルが空いていなかったら、待ってくださいねというシステム。

デッキ6中央の「ダヴィンチダイニング」は、
朝食、ランチ(ない日もある)、アフタヌーンティー、PM5:30~ファーストシーティングはトラディショナルダイニング
PM7:30~エニタイムダイニング

トラディショナルダイニングというのは、
クルーズ中ずっと同じ時間に同じテーブルでディナーをいただくシステム。
ウエイターさんもテーブル担当ですので、ずっと同じ方です。

デッキ6後方の「ボッティチェリダイニングルーム」は
PM5:30~とPM8:00~の二部制のトラディショナルダイニングです。

さて、エニタイムダイニング。

みーんな並んでいたので、
f0054556_16380748.jpg
ページャーわたされました。

f0054556_01332147.jpg

ボッティチェリダイニングルームです。

結局、7:45分位にテーブルにつけました。

f0054556_16431284.jpg

Martini&Rossi Asti Spmante $28
日本では1200~300円位のスプマンテです。


乾杯!

f0054556_01070020.jpg
さて、
ダイニングルームでのお食事は、メニューから食べたいものを選びます。

前菜3種類

スープとサラダ 4種類

パスタ2種類

主菜6種類

あと、毎日同じの定番メニューが5種類ございます。

全部食べてもいいんですよ。

実際、全部味見したいけどー。

アラスカメニューには印がついています。
私が食べたお料理の中でアラスカメニューのものには★印をつけておきます。

この辺、またダイニングルームについて詳細レポートします。

f0054556_01155868.jpg
ミケランジェロダイニングにて。
テーブル番号228。

パンはスッカスカのテーブルロール。


この日の前菜は、最初のお写真

★「天然アラスカサーモンの自家製クラブラックス」
 ディルと少量のシトラスに漬けたものを、ハニーマスタードソースで

お代わり~~と言いたくなるくらい美味しゅうございましたよ。


f0054556_01171900.jpg
もう一つ前菜

「シュリンプカクテル」
これは定番メニューから。
ソースがちょっとくどいかな。
なので、ソースを除けていただきました。


f0054556_01190396.jpg

パスタも注文しちゃったよ。
前菜用に少ないポーションです。

「フェットチーネ アルフレッド」
プリンセス一番人気のパスタです。
と、書いてありました。
が、うーん。

f0054556_01215934.jpg

メインでーす。
★「アラスカ産タラの蒸し焼きとレンズ豆の温製サラダ」
新鮮な鱈のフィレをディジョンバルサミコドレッシングで、茹でじゃがいもを添えて

これも、美味しかった!
鱈がふっくらしていて、レンズ豆がほんのり甘くて…。

わたくし、プリンセスクルーズは魚介料理の方が、私好みの仕上がりのような気がするんですよ。


f0054556_01270182.jpg


デザートメニューは日替わり4種類と、
定番メニューはダイヤモンドプリンセスと同じです。
ケーキ3種、アイスクリーム、チーズ、フルーツ。

「ミルクチョコレートヘーゼルナッツのスフレ」
アマレット風味のサバイヨン

スフレがあるとつい注文してしまいますわ。

あの、日本のカフェやレストランの繊細なお口でしゅわっと溶けてしまうような、
そんなスフレじゃないのよ。
でも、美味しかったですよ。


あ~、お腹いっぱい。

と、お部屋に戻る途中、

ホライゾンコートのディナーはどうなんでしょう?
と、偵察にいってきたよー。

お料理はランチよりは品数多いし、サラダバーも充実してたけど…。

f0054556_01422918.jpg
ただ、スモークサーモンが3種類もありましたので、
チーズと一緒にお部屋にお持ち帰り~。

なんと!
コニャック風味、ラスベリー風味、クランベリー風味です。


f0054556_01440097.jpg

シアトルのホールフーズマーケットで購入したワインと一緒にいただきました。

HEDGES CMS SAUVIGNON BLANC

地元ワシントン州で製造されたワインにこだわって選びましたー。

もう、ワインがめちゃくちゃ美味しかった!

1日目から、しっかり食べましたよ!

メンデンホール氷河(Mendenhall Glacier)に来たら、ナゲット滝(Nugget Falls)まで歩こう!:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_12223246.jpg


しつこくメンデンホール氷河ネタでございます。

USDA (United States Department Of Agriculture) Forest Service の
Tongass National Forest のWebサイトにMendenhall Glacier Visitor Centerのページがあります。


こちらにもいろんないい情報があったのに、気づいたのは帰ってからでした><

f0054556_12032208.jpg

この便利な地図を見てみますと、メンデンホール氷河周辺にはいろんなトレイルコースがあるようです。
お天気が良ければぜひ歩いてみたいです。

f0054556_12094983.jpg


雨が降ってきたのですが、私たちは紺色のNugget Falls Trailコースを歩いてみました。

f0054556_12121222.jpg
途中カメラを出して写真を撮るのも面倒な位、どんどん雨が降って来たんですよ。
でも、母も叔母も私も黙々と歩きました。
何の修行やねん!

トレイルコースは晴れていたら、草木の中を歩く道で楽しかったかもしれませんが、
途中氷河はたまにしか目に入らないし、何に向かって歩いているのやら…って感じです。

f0054556_13092643.jpg

でも、30分位歩いたら、お写真のように、滝と氷河と湖の景色が目の前に広がってきます!

f0054556_12162746.jpg
滝は思っていたより大きくて、水が落ちる音もとても大きいです。



もっともっと滝に近づいてみたら良かったのですが、
とにかくずぶ濡れでして…。
とりあえず、ここまで来た!ってことで満足しちゃったみたい。

f0054556_18101508.jpg
滝とは反対側。
メンデンホール湖が雨で霞んで、水墨画みたいなグラデーションですわ。

f0054556_18111888.jpg
どしゃ降りだし、しんどいけど、やっぱり間近に見られて良かったな~。
お水、触ってみたら良かった。
ぼーっとして写真撮っていましたわ。
あほやー。

f0054556_18130109.jpg
氷河が青く見えます。

実際、青の洞窟という事で、こちらの氷河の下を流れるお水を見たり、洞窟に入って探検するアクティヴィティーもあるそうです。
日本のテレビ番組でも紹介されていましたね。

ここでいったんビジターセンターに戻って、


一息ついてから、また歩きました。

f0054556_18230527.jpg

f0054556_18165127.jpg
こうして、あちこちに看板があるので、トレイルやお散歩を楽しめます。

f0054556_18200725.jpg
私たちはフォトスポットまでの遊歩道を歩きました。


f0054556_18290647.jpg

カヌーかな…。
船で氷河の近くまで行けるツアーもありました。
船と比較すると氷河がとてつもなく大きい事がよくわかります。
又ここに行くことがあったら、次はぜひチャレンジしてみたいです。

f0054556_18332117.jpg
フォトスポットから撮った写真がこちら。

滝の前とは違った迫力がありますね。

f0054556_18485698.jpg

湖には氷がぷかぷか浮いています。


さて、写真も撮ったし~早めに集合場所(Kiosk辺り)に行こうかしら…と向かっていくと、

f0054556_18515845.jpg


あれ~、なんだかよいお天気になってきたんですケド。

f0054556_18523824.jpg
駐車場の入り口にPavillionが見えました。
時間があるので行ってみました。

f0054556_18533550.jpg

ここからの眺めも良かったですよ。

とはいえ、結局同じようなお写真ばっかりなんですけどー。

f0054556_18560311.jpg

駐車場というか、車寄せはこんな感じ。
バスはお客さんが乗り降りする時以外は遠くに停められているようです。

左側白いテントが待ち合わせ場所です。

ここから又、バスで30分ほど。
ジュノーの町中に戻りますが、お船の前までは連れて行ってくれません。

ジュノーの町を散策してねってことでしょう。
レストランで遅いランチをいただいたり、ぶらぶらしたり。

f0054556_18593898.jpg

船に戻る途中でこんな小屋?屋台?を見つけました。

f0054556_19011225.jpg


もう、夕方だったので、店開きしているところが少なかったのですが、
もしかしたら、お船が何隻も到着した時はたくさん開いていたのかもしれません。

私たちはルビープリンセスを下船してすぐ目の前からバスに乗ったのでわかりませんでしたが、
クルーズ船ターミナルの町寄りのところ、「Tracy's King Crab Shack」の前あたりにこういうツアー会社のボックスがたくさんありました。

お船のショアエクスカーションでなくても、こういうのを利用すれば安上がりだし、現地の方とお話できて良いのかもしれません。

もし、またここに来ることがあったら~。
次は、
氷河の上を歩いたり、青い洞窟を見たり、カヌーで氷河を間近から見てみたりしたいなぁ~と思いました。



他の記事はこちらからどうぞー

by jumbo0317 | 2017-08-29 19:05 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)

メンデンホール氷河(Mendenhall glacier)のビジターセンターを満喫。:ルビープリンセスアラスカクルーズ

f0054556_20033024.jpg

アラスカクルーズのインサイドパッセージでのハイライトの一つが、
アラスカ州の州都ジュノーに寄港して、メンデンホール氷河観光をすることだと思います。

メンデンホール氷河(mendenhall glacier)は、
3840平方kmのジュノー氷原を源とする38の主要氷河の一つです。
高さ30m、幅2.4Kmもあるんですよ。
ジュノーのクルーズターミナルから約20km、バスに乗って30分弱で行ける町の近くの氷河です。

私たちは、迷った末に結局、ルビープリンセスのショアエクスカーションを申し込んでしまいました。

f0054556_13345598.jpg
母や叔母は野生動物とか興味ないと申しますし、
他のエクスカーションも今一つという事でしたので、これだけのシンプルなツアーです。

f0054556_13420329.jpg
ジュノーの港で船を降りたら目の前が、プリンセスクルーズのショアエクスカーションバスターミナルになっています。

自分が参加するエクスカーションのナンバー、
私たちは「100A」の札がついているバスを探します。
運転手さんかガイドさんにチケットを渡して乗車したら出発です。

f0054556_13564851.jpg
GoogleMapより。

車中ではガイドのBRENONくんがいろんなお話をしてくれているのですが、
当たり前ながらALL英語ですので、まぁ話の半分以下しかわかりません。
ま、それも、海外旅行してるなーって感じで楽しいです。

f0054556_13584928.jpg
メンデンホール氷河のビジターセンターに到着しましたら、
帰りの集合時間の確認をして解散です。

この日はルビープリンセスがジュノーの港に早く到着していたので、
メンデンホール氷河に到着したのも、早かったです。

f0054556_21022123.jpg

バスが停まる車寄せのところにある案内所(Kiosk)です。
ビジターセンターに入らなくても、ここでもいろいろな情報を入手できます。



f0054556_14002954.jpg
Kioskのホワイトボードに船ごとのバスの番号と集合時間を書いてありますので、
もし集合時間を忘れてしまってもここを見れば大丈夫です。

一番上が私たちのツアーです。

この写真は帰りに撮影したもので、
当時これだけのツアーがメンデンホール氷河に訪れていたのです。

f0054556_19265882.jpg

Kioskでは、このボードをチェックしてみましょう。
いろんなご案内があります。特に黒い枠の中。

【2017年7月10日 お天気】
Widespread Showers 広範囲で雨?
最高気温 13.9℃
最低気温  9.4℃ 

日照時間
17時間と47分
Begin Civil Twilight : 2:59am シヴィルトワイライトって何なんでしょう???
日の出 4:08am
日没  9:56pm
End Civil Twilight : 11:05pm
civil twilightの意味がこの下に書いてあるようなんですけど、写真がボケでしまってて解読不可能でございました…。

【本日のレンジャープログラム】
遊歩道を歩いて行った先のビジターセンターにて行われます。

・Mendenhall Snapshots
 8:00am~7:30pm 20分毎に5分間のお話

・Landscape of Change
 15分間の映画 
  8:20初回以降20分ごとに上映 最終回は19:00

・Hands on Mendenhall
 Touch Tables for adults ,Kids welcome too!
 5:30pm~7:30pm

・Ranger Reflections
 10minute Ranger talks
 2:00pm~4:40pm
 programs on the hour and half hour

この日はこれらのプログラムがありました。



f0054556_20003250.jpg

目の前にどーんと氷河が見えますと、早く近くで見たーい!と気持ちがはやります。

ですが、まずはビジターセンターを偵察して、
お手洗いを拝借してから、先へ進むことにしました。

ビジターセンターのお手洗いはアメリカらしくとてもきれいでしたが、
数が少ないですなぁ。

f0054556_20024354.jpg
こちらは入り口の前、受付とショップがありました。

下のフロアー(遊歩道)へ出るにはエレベーターもありますので、脚が不自由でも大丈夫。

で、遊歩道を通って、ナゲット滝に行こうとしたら、
降りましたよ。

雨。

だんだん雨足が強くなります。

ナゲット滝まで行きましたが、早々に引き返してきて、またヴィジターセンターへ。

f0054556_00390619.jpg
雨がひどいもんだから、いろんなツアーの方、みーんなここに集まっています。
だって、バスの集合時間まで他に行くところがないんですもん。

でも、お外の景色はいいよね!

f0054556_00405239.jpg
お!
ボードに合った通り、
レンジャーのお話も始まりましたよ。

f0054556_12201920.jpg
15分間の映画もみました。
内容は…あまり覚えていない~~~。
ゆっくり座って休憩したって感じかしらん。


f0054556_00424083.jpg
ビジターセンターの奥にずんずん進みますと、
ちびっこたちが剥製を触っています。

私もさわらせてもらいました。


f0054556_00444268.jpg

ビジターセンター、奥の戸の向こうには、
こんなテラス?ベランダがありました。

ここからの氷河の眺め、良かったですよ~~~。





他の記事はこちらからどうぞー
by jumbo0317 | 2017-08-29 00:47 | 2017年夏アラスカ ルビープリンセス | Comments(0)