「APICIUS(アピシウス)」有楽町。王道のフランス料理でお祝いしていただきました。

f0054556_14503490.jpg
うわー。
下書き始めてから一週間も経ってしまいました…。

一月半ばの事です。

毎年、お友達のうっきーマウスちゃんにお誕生日祝いをしてもらうのが、
とっても楽しみ。
しかーし!お誕生日祝いと言っても、誕生日は二か月も前なのですが~。

二年前は箱根。
一年前は館山。
今回はお泊りは無しでという事になりまして、では特別なレストランでお食事会という事になりました。
予約が取れない超有名なお店の予約はいろいろがんばってもやっぱり無理でしたので、
ずーーーーーっと前から一度は行ってみたいなと思っていたお店を予約しました。


f0054556_10590027.jpg


有楽町というか、日比谷にありますフレンチの名店。
です。

なんとアピシウスは35周年。
わたしとうっきーマウスちゃんも知り合って35年。
そういう意味でも記念になりました。


f0054556_10593874.jpg


お店は地下一階。



話に聞いてはいたけど、
本当にクラシカルでステキよ~。
特別な日にぴったり。

お給仕は皆男性。
ずらずらっといらっしゃいますよ。

f0054556_15090987.jpg

オンラインでの予約の時にコースも指定していましたので、
お席に着いたらすぐお料理の説明がありました。

f0054556_15093359.jpg
最初にでてきたのがオリーブ。

これが、もう大変。
美味しくって。
フレッシュなチェリーのようなオリーブ。
止められない止まらないでしたよ。

乾杯!
f0054556_09190926.jpg

グラスでスパークリングワインを。
と注文しましたが、ソムリエさんが出してくれたのは、

f0054556_09191120.jpg

スゴンデ・シモン ブリュット グランクリュ キュヴェ N

シャンパンでしたー。


老舗フレンチレストランでは、シャンパン以外は泡ではない!という事ですね。




f0054556_15200336.jpg
アミューズは
「鯛のマリネ。伊予柑と柑橘のドレッシング」
だったと思う…。
ピンク色のは紅しょうがではありません。

これ、好きだわ~。
お上品に一口だけ盛り付けてあります。
5皿位食べられるわね。

さて、次はお楽しみの
「ビーフコンソメスープ」
 Consommé aux petits legume's


f0054556_15263232.jpg

これぞ!
ビーフコンソメスープ。
と言えるルックスですね。

アピシウスのランチは3種類のコースがありまして、
ご馳走してくれるうっきーちゃんは、
「一番良いのにしたら?」と太っ腹な事を言ってくれていたのですが、
メニューの内容が、
大好きなビーフコンソメスープと
メインが鴨パイ包み焼きということで、
こちらのイヴェール HIVERのコースしました。

もうちょっと濃くても良いかな〜と思いましたが、でも満足。


f0054556_15264818.jpg

スープと共にパンもいただきます。
3種類ありました。
キューブタイプのミルクカレ、
カリカリに見えたエピ。
そして、シャンピニオン。
丁度、蓋?の部分をはずしたところです。

このパンが美味しかったのよ~~~。
ほっといたら、なんぼでも食べられるのよ。
でもそうするとこの後の美味しいお料理を味わえなくなるかも…と、
かなり控えめに食べていたのよ。
パンだけでも美味しいから、4個くらいは食べられたかも。
後でミルクカレを半分もらったけどふんわりしていて、
柔らかくて、
適度にしっとりしていて、
ほんのり甘くて、
美味しかったわぁ。

さて、お次のお料理は前菜です。




f0054556_15265544.jpg
「フランス風海の幸のおかゆ仕立て」
 Riz bouillie a l'aigre-douce(Kinme-dai,laitance,petit gambas)

金目鯛と海老、そして白子のフリット。
この白子のフリットが秀逸!
和食みたいなお料理ですが、おかゆのお出汁がしっかりとフレンチでしたわ。



f0054556_15271594.jpg

そして、お飲み物はグラスで赤ワインを頂きました。
ちなみに、こちらのお店のワイン。
グラスでは1杯2000円からです。


f0054556_09304944.jpg

ブシャール・ペール・エ・フィス

ボーヌ・デュ・シャトー プルミエ・クリュ 2016

Bouchard Pere & Fils Beaune du Chateau 1er Cru


メインに合うワインを。

と注文しました。

重すぎず、軽すぎず。



いよいよメインです。

f0054556_09354360.jpg

「狩猟真鴨のパイ包み焼き アルビュフェラソース」
Chausson de canard sauvage ,Sauce Albuféra

f0054556_15272310.jpg
きれーい!
かわいい!

お上品なサイズですよ。
f0054556_15273489.jpg
鴨と言っても、狩猟真鴨だけあって、
力強さを感じさせる噛み心地と旨味のお肉。
その中心にはヘーゼルナッツ。
適度な野性味を感じさせるお肉と、
ナッツのカリカリ食感と、香りから、
ますます狩りをする森のイメージが膨らみますわ。
(ホンマかいな?)
そして、それらをふんわりさっくりとまとめるパイ。

またこの、ソースが良いの。
アルビュフェラソースって何?と思ったら、
鳥のブイヨンとクリームで作ったソースに、
更にピーマンやバターを合わせて作られるソースだそうで…。

華やかなソースです。
ワインと交互に味わうと、格別。


f0054556_22025271.jpg

本日のワゴンデザートとアイスクリームやシャーベット
珈琲または紅茶
Chariot de desserts,
glaces et sorbets aux saveurs du moment et cafe」

もうねぇ。
全部食べたい!
全部食べたいのよ。
でも、厳選しました。


f0054556_15274582.jpg

栗のタルトと、マスカルポーネとイチゴのロールケーキ。

チョコレートのプレートに、
happy birthdayとわたくしのお名前。
嬉しいねぇ。
f0054556_15280904.jpg

この栗のタルトが好みです。
こういうこってりしたのが好き。


そしてスペシャリテのタルト・タタン。

f0054556_22211055.jpg

基本的に、フルーツを甘く煮たものって好きではないのですが、
スペシャリテと聞いたら、注文せずにはいられません。
そして、これが大正解。
うっきーちゃん曰く、
ちゃんとした美味しいバターをたっぷり使ってしっかり煮てある味がすると。
確かに!

f0054556_22211104.jpg

胡椒のアイスクリームと一緒にいただきました。
こちらのデザート、派手さは無いけど、
しっかりと食べ応えがあるものばかりで、
それでもスルスルとお口に入っていくので、
お腹いっぱいのはずなのにお代わりしたくなりました。

f0054556_22211241.jpg

バーも素敵なんですよ。

名画に囲まれて、
流行に左右されない落ち着いたフランス料理を、
しっかりした接客のお給仕で頂くことができました。

うっきーちゃんごちそうさまでした。
ありがとう!


アピシウスフレンチ / 日比谷駅有楽町駅銀座駅
昼総合点★★★★ 4.2















by jumbo0317 | 2019-02-03 11:15 | おそとでごはん | Comments(0)

フードアナリストのじゃんぼなおかんです。食い意地こそが私の原動力。食べ物のお話、旅のお話、日々のあれこれを綴ります。御連絡はこちらにお願いいたします。   jumbo0317@yahoo.co.jp


by jumbo0317
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31